top news ワインリスト 受賞歴 畑の位置 家 族 史 栽 培 醸 造 お問合せ
facebook logoinstagram logo

家族史
   -メゾン プラントヴァンワイナリーの誕生-

グルナッシュの畑からみたセギュレ村の中心街

vine farm
プラントヴァンファミリーは、150年に渡る多品種生産農家で、5代目の手で大部分がオリーブの畑とワイン用のブドウ畑に集約されました。ワイン用のブドウは、5代目まで全て農協のワイナリーに納めていました。6代目ローラン プラントヴァンは12歳の時、父の畑仕事を手伝いながら、「自分の手でワインを造りたい」と思うようになります。その後、オランジュ、マコンでブドウ栽培学及びワイン醸造学を学び、修学中、パリ農業祭(Concours Général Agricole Paris)、ブラインド テイスティング コンテスト(le Concours Européen des Jeunes Professionnels du Vin) にて3位の成績を残します。学業を修めた後は、地元の著名なワイナリーやニュージーランドなどでワイン醸造の修行をする傍ら、2007年僅か1hq分の畑を父Thierryから借り、タンク一つ分のワインを醸造します。この初ビンテージでギットアシェット誌で★★を獲得しています。その後徐々に醸造するブドウ畑の面積を増やし、醸造設備を整え、より安定した品質のワインを醸造する為の環境を整えます。2年間父親の協力と資金援助を受け、2009年独立。小さな家族経営のワイン農家メゾン プラントヴァンが誕生します。AOPコートデュローヌ1銘柄から始まったワイン造りを飛躍させ、現在はそれぞれのテロワールの個性を生かしたAOPコートデュロ-ヌヴィラージュ3銘柄に加え、クリュAOPラスト-を醸造しています。

*写真 左- セギュレ村の小道
*写真 右- コート デュ ローの代表的なワイン用ブドウの品種グルナッシュ

top news ワインリスト 受賞歴 畑の位置 家 族 史 栽 培 醸 造 お問合せ